選択の画像を集めるスレ(二次限定)まとめ

初心者による初心者のための架け橋入門

いい天気

読了までの目安時間:約 2分

今日は、いい天気。
こんな天気の日は、お外で遊んで楽しかった子供のころを思い出します。公園にいって、友達とブランコしたり、自転車であちこち行ったり、安いお菓子買って食べるだけで幸せだったり、疲れきるまで鬼ごっこしたり、そこにあるものだけで、本当に楽しかった事が夢みたいです。ちなみに大人になってから鬼ごっこしたら、びっくりするくらい体力落ちてて全然走れませんでした。すぐつかまるし、すぐ疲れてゼーゼーいっちゃうし、全然鬼ごっこにならなかったです。子供って、何の体力作りもしてないのに、あんなにハードな事を普通にやっているんですから凄いですよね。大人になると何かとお金をかけて楽しみを探しがちですけど、本当は子供のときみたいにお金かけなくてもワクワクするような事が1番楽しいような気がします。公園でただ雲を見てるだけでも楽しかったし、お花で冠作るだけでも楽しかったです。今日は、仕事帰りにチョット歩いてみようかな。でも、寒い。こうやって、やっぱりお金のかかる室内の楽しみを求めてしまう。大人になると、子供の頃みたいに寒さや暑さに耐えられなくなるんですね。この世界で1番強いのは実は子供かもしれないと思った日でした。

センター試験の制度見直し

読了までの目安時間:約 2分

先日、新聞の見出しで見たニュースですが、大学入試のセンター試験の制度の大きな見直しが検討されています。
自分の高校3年生の頃を思い出しますが、国公立大学への進学には避けて通れないセンター試験。
赤本で志望校の試験の特徴や出題傾向に合わせた勉強をするのはもちろんですが、その前提であるセンター試験は絶対に落とすことの出来ない試験です。
最近は私立大学でもセンター試験を利用した受験が広がり、制度の抜本的な見直しは高校や大学へ大きく影響がでるものとなるでしょう。
見直しの理由としてはより学習内容の成果が測れる試験にする目的があるのと同時に、大学全入学時代に二極化する難関校の一次試験としての実用性を高める効果があると思います。
おおむね日本の教育水準は高いと言われていますが、応用や発展的な内容、独創的な思考がじゅうぶんに育成されていないとの指摘がかねがね指摘されています。
より広い知識やバリエーションのある考え方が求められる試験へシフトするというのは、とても有意義になると思います。
制度の検討段階とのことですが、ぜひ中途半端にさせず、より日本の産業や社会に役立つ人材を生み出すために、やり遂げてほしいと思います。
そのためには、将来どのような人材が求められるのかをしっかりと想定した制度に設計すること。
それから、そうした教育にはどのようなカリキュラムがよいのかしっかりと議論を重ねて、教育を受ける子どもたちが取り残される子とのないように環境を整えることが大切ではないかと感じました。

そろそろコンタクトレンズを替えたいです

読了までの目安時間:約 2分

そろそろコンタクトレンズを替えないといけないかな、と思っているところです。コンタクトレンズはだいたい2年ごとぐらいに替えたほうがいいと聞いたのですけど、今のコンタクトレンズはもう4年ぐらいたっています。別に問題なく使えているのでいいのですけど、目に直接入れるものでもあることだし、やっぱりもう新しいものを作ったほうがいいだろうと思うのです。この前のコンタクトレンズは、5年ぐらい使っていたら、目が痛くなってきたので眼科に行ったところ、コンタクトレンズを新しいものに替えるように言われました。そして、レンズを替えたらウソのように痛みがなくなったのです。そういう経験もありますし、目を使う仕事もしているから、コンタクトレンズはちゃんとしたものを使ったほうがいいでしょう。せめて、新しくするぐらいのことはしたほうがいいですね。
このごろは使い捨てコンタクトレンズを使う人が多いようですけど、私はどうもソフトレンズはあまり好きでないので、いまだにハードコンタクト派です。ハードコンタクトレンズはゴミが入ったりするとかなり痛いですが、すぐに異変に気づいてはずしたりするので、ハードを使っている人のほうが深刻な目の病気にはなりにくいとのことでした。駅ビルのコンタクトレンズのお店でいろいろ調査したりしているところです。

劇場版パトレイバー2について

読了までの目安時間:約 2分

パト2と称されることもある、人気アニメの「機動警察パトレイバー劇場版2」についてだらだらと。とはいえもう1993年公開作品なので、当時の近未来を今はとっくに過ぎてしまっています。ケータイもスマホもない未来が描かれているのはご愛敬。とは言え、2015年となってしまった今のレイバーを描く実写版も出て、それなりにレイバーが熱い。
舞台となるのはもう一つの東京。そこには、作業用ロボットレイバーというものがあり、レイバーを使った犯罪にを対応するために作られたのが、パトレイバーである。というのが基本設定。
劇場版2では、一人の男の計画によって、密やかに東京に仕掛けられたテロが進行していく中で、状況に関わる組織の動きや、おえらいさんの責任転嫁に、組織間のばかばかしいメンツ争いなど、大人事情や、軍事行動など、かなりシリアスな内容になっています。パトレイバーをロボットアクションものとして楽しみたいのなら、たぶんコミック版が一番になるのかな。映画の2ではレイバーはほぼ動きません。むしろ戦争シミュレーション映画といった方がいいように思います。戦争シミュレーション映画というジャンルがあるのかどうかは知りませんが・・・。気がついた時にはもう始まってしまっているテロ。それが、リアルに迫ってくる演出が、すごいです。
1995年には、地下鉄サリン事件が実際に起きてしまいました。日本に今生きる私達にとっての戦争とは、つまりこういうものなのかもしれません。

ICカードのエリアのまたがり

読了までの目安時間:約 2分

何かの機会があって実家に帰省するときに、たびたび思っていることなのですが、電車のICカードがJRの複数のエリアにまたがるときに使えないという不便を痛感します。
電車やバスでICカードの利用が普及してしばらくが経ちます。
各社で発行するICカードがっ相互利用できるようになってからも、1年ほどが経とうとしています。
電車やバス、それからコンビニで電子マネーとして使えるカードが1枚にまとまっているのはとても便利だと感じます。
普段の生活の時には不便を感じることはありません。
しかし、直通の電車で20分ほどの距離にある実家に行くときに、JRの異なるエリアに乗り入れます。
その時はICカードで料金精算が出来ずに、必ず切符を買うか窓口での精算が必要です。
運賃計算や回収などのシステム開発や改札機の処理能力的な問題として、複数エリアを跨ぐ運賃計算には対応できていないそうです。
利用所からすれば、できれば導入してほしいものですが、なかなかそうもいかないという話を聞いたことがあります。
実家付近に住んでいる人たちはたびたびこのような面倒をしているそうです。
できることならもう一度しっかり検討してもらい、便利に使える日が一日でも早くくればよいなと思います。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー